2013年12月16日

【 1410 】 Tumblr に DISQUS 掲示板を付けてみる 2013版

 更新日  13.12.16.22.25
前Tumblrに DISQUS 掲示板をつける方法を書きましたが、いつのまにか進化し以前の設定では動かなくなっていたのでその備忘録です。






DISQUS

DISQUSとは CGIやPHPの知識が無くても、テンプレートを弄れるブログに簡単にコメント用のシステムが組み込めるような掲示板システムです。ここでは既にアカウントは取得してあるものとして話しを進めます。


コメント掲示板を付けたいアカウントに切り替えます。(複数アカウントURLを持っている場合)


「Setting」をクリック。


次の画面で「Install」をクリック。

本来Tumblrはテンプレートが DISQUSに対応していると、タンブラー側のテンプレート設定画面で簡単に設置できますが、DISQUSに対応していないテンプレートも多いので、ここでは自分で組み込む方法をとっています。


タカブラーに設置するので、Tumblrを選択




「install Disqus manually.」をクリック。


テンプレートに書き込むためのスプリクトとHTMLが表示されます。


上はコメント数などを表示する部分のスクリプト。

基本の書き込みはヘッダー部分とメイン部分とコメント数の3つです。

Tumblrテンプレート編集画面に入り <head></head>の間にまず次を記入。

<meta name='text:Disqus Shortname' content='' />

次に記事単体で表示するPermalink ブロックに掲示板を表示するスプリクトを書き込みます。よくわからない場合は事前に表示させたい場所に「★」とか書いて保存し、Tumblrを見てみると、その位置がどのページで表示されるか?が分かりやすいかもしれません。

DISQUSのスプリクトが表示された画面の「4」のスプリクト。ここは使うアカウントに合わせた書き替えが必要です。

var disqus_shortname = '<example>'

<example> の部分をアカウント名に書き替えます。

アカウント名が分からない場合は「Setting」、「Site Identity/Shortname」項目部分の「Your website's shortname is」の後に書かれています。


記述が間違っていなければ、記事を開いた時、テンプレートに書き込んだ部分に上の様に DISQUS掲示板が表示されます。

ちなみに私の場合、Settingに「Japanese」の日本語言語が表示されず、英語表記のままでした。そうした場合、このようにすると日本語になるようです。
コメントプラグイン『DISQUS』で日本語が設定出来ない場合の対処


DISQUSのセッティング画面から言語切り替えを表示する。
上は「Japanese」が表示されていますが無い場合は「English」にカーソルを合わせて右クリック。


「要素を調査」をクリック。


「en」部分を「 ja」に書き替えてセーブ。
これで日本語になります。

上の書き替えはfirefoxを使いました。
chromeの場合は先リンク先のブログ様をご覧下さい。

Qapla'


Ran Google+on Google+ Google

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/1374]

  →  Comment Post

お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。