2013年4月20日

Android 関係の話題です

【 1348 】 Androidでツイッターするなら tweecha(ついーちゃ)

 更新日  13.04.20.17.01
Androidでツイッターするなら「twicca」…。はい、間違いなく機能や安定性から見たら一番のツイッタークライアントはtwiccaです。でもコレ、マルチアカウントできないんですよね。と言うわけでNexus7を使い始めてから他のツイッタークライアントを色々試しましたが、「よさげ?」と思うとツイッター社の意地悪で最近はアプリの利用者が10万人に達成してしまうと新規登録が出来ず使うことさえ出来なくなりました。

そんな訳で残るのは使いにくかったり人気のないアプリだけなのか?と思っていたら、とんでもなく使いやすいアプリ「 tweecha(ついーちゃ)」を発見。特にiPhoneでツイッターをされている人はtwiccaよりデザインや使い勝手が馴染みやすいかもです。




普段ツイッターは@KlingonEmpireがメインですが、4月から @69_Ranに変更しました。


tweechaのメイン画面。
Androidのツイッタークライアントは色が変更出来ないのも多く、黒だけだったら見にくくて仕方ない。やっぱり白が落ち着きます。また、自分のツィート、リツィートの背景色が任意に変更でき、見逃したくないユーザーさんの文字色も変更できます(ツィート本文の色ではない)

 

画面は左にスワイプするとメニュー一覧。「リツィートされた発言」を見られるクライアントは中々無いですね。またプロフィールを開かなくても「フォロー/フォロワー」を見られるのも楽ですし、何よりよく使うボタンは画面下にも配置されている事。ありがちなクライアントのパターンは下のボタンからメニューを開いて「それ以外の機能にアクセスする」というタイプが多いので、右フリックとボタンの組み合わせは思った以上に使いやすいです。

また右にスワイプするとボタン配置と同じツィート画面に切り替わります。
この順番(表示/非表示)は現在は出来ないようですが、切り替えもスムースでiPhoneを使っているようです。


なにより最近のクライアントで困るのはツィートされた時間が相対時間しか表示できないものが多いこと。tweechaは両方表示されるので美味しいとこ二つ取り。(twiccaはプラグイン使えば表示出来ますが、いちいち呼び出すのが面倒)因みにツイッターが絶対表示をやめたのはタイムゾーンの海外事情です。

 

設定項目も豊富です。


「確認設定」もあり、不用意にアクションしてしまった時に思いとどまれます。
これもありがちなパターンでは「確認する/しない」しか選べないクライアントも多いので、項目毎に設定出来るのは流石日本産な配慮ですね。普段「いちいち確認するなよ!」と思っていて「確認なし」に設定して「アンフォロー」ボタンを押してしまって相手に謝った。なんて経験はツイッターを長くやっている人には一度はある経験でしょう。なので「ツィート」する時には面倒なので送信時に確認無し。「リツィート」の時は間違ってRTしてはマズイので「確認して!」という使い分けが出来ます。


表示したツィートを「QT」も出来ますが、やはりAndroidの真骨頂は「共有」。Evernoteがインストールされていれば、そのままノート作成画面になりますし、Pocketに渡せばポケットからPermalinkを開きツィートを見ることが出来ます。


リツィートは元のツィートの表示/非表示も当然可能で、TL画面のタッチから「翻訳」も行えます。驚いたのは「未読にする」…どういうケースで使うんだろ?。


画像表示もTL上はサムネイル。タッチすると拡大し保存も可能。


保存フォルダはtweecha独自の場所なので、色々したい場合は「ファイル整理くん」や「Dropsync」を使えばよいですね。画像投稿する場合もサービスを色々選べます。

その他、メッセージを書いていて「やっめた」と思って戻るボタンを押すと「下描き保存」出来たり、「定型文」まで設定出来ます。


15分あたり15回になったというAPI制限。更新すると残り回数を表示してくれるクライアントもありますが、更新しなくてもメニューから見られるのは便利。

ですがこんな記事もあり、これってほんとのとこ、どうなのよ?な。

【速報】Twitter API1.1のリスト取得制限が緩和

ちなみにリストは180回なので、制限かかった時のためにフォロワーさんをリストにいれて、ソッチで見るようにしていますが、twiccaとかで制限かかった事、ないんですよね。。。ってそんなツイッター一生懸命してないのが原因?。

という訳でまだ使い始めたばかりなので本当の使い勝手までは掘り下げていないのですが、twicca>tweechaに至るまで色々試したクライアントのなかでは「これ、こっちの想像より凄い」と普通に使うなら満足過ぎるアプリでした。

勿論細かい出来ないことを言い出したらきりがありませんが、サポートフォーラムを見る限り、作者さんは意欲的に作り込んでいる姿勢が垣間見られますので、今後「Androidのツイッターアプリと言ったらtweecha」と言われる日も近いのではと。特にNexus7など、少し大きめのデバイスで使うに非常に見やすいです。

ひとつ言えるとしたらマルチアカウントで使う時のアカウント切り替えが3アクション必要なので、頻繁に切り替えたい時にはちょっと面倒…かな?。

Qapla'。


tweecha (ついーちゃ)
sinProject
価格:無料  平均評価:4.3(295)

androidスマートフォン用ツイッタークライアント tweecha(ついーちゃ) | sinProject



早速追記:

作者様に素晴らしいアプリを提供していただきお礼のツィートをした所、お返事いただきましたのでその画面も。何せこのアカウント、仕事用で始めたのでフォローもフォロワーさんも少なく一度に色々試せないのです。


リツィートいただいたメッセージをタッチすると「会話」を表示してくれました。返信時に元のツィートを見ながら書ける事も合わせて話しが分からなくなってしまう心配はないですね。

しかし、思いっきり140文字以上の長文でお返事したら…右。

140文字以上でも他のサービスを使ってツィート出来るのは今では当たり前の機能になりましたが、多分この機能をを一番最初に取り入れたのはiPhoneのTwittelator Proではないかと思います。twiccaにも同様の機能は付いていますが、事前の確認がないので残り文字数を見ていないと「。」ひとつオーバーしただけでツィートされてしまうので「あ、やっちまった」が頻発するのですが、tweechaは確認してくれる所が安心。

ただTwittelator Proのように「何文字まではツィートに表示しますよ」的ではなく、何処までが表示され残りがリンクになるかは分かりませんでした。


また、tweechaは長文ツィートを表示した場合、ブラウザ表示になってしまいます。

右はiPhoneのSOICHA。長文の場合、クライアント内でツィートを展開してくれるので見やすいです。

こういった細かい部分も将来、対応して頂けるかどうかはわかりませんが、「あ、こうだったらもっと便利だな」という部分を発見しましたので追記しておきます。

また、滅多に使うことがないのですが、ツィートの中から特定キーワードを拾い上げて検索出来る機能も有ると更に便利、最強に近づいていきますね。


※拡張設定について
『設定』にある拡張設定ですが、これは機能拡張と言う意味ではなく将来的に拡張されるであろう機能の予定。ということらしく現在はグレーアウトして選択は出来ません。使えるようになる日を楽しみに待ちましょう。


Ran Google+on Google+ Google

関連記事:[ 2件]

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/1312]

  この記事に頂いたコメント Comment [1]

  •   コメント  [No:006290]   スィン  さん BlogMaster 2015年1月 5日 16:48 | 【 返信 】

    tweechaの中の人「スィン」です。
    ご紹介とご愛用ありがとうございます!
    この度、方言版「tweecha4jp」をリリースしましたのでご案内差し上げます!

    楽しいツイッターライフを!

  •   →  Comment Post

    お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。