2012年12月11日

Android 関係の話題です

【 1287 】 Android Nexus7をもっと便利にするホームアプリ Nova Launcher

 更新日  12.12.11. 0.25
Nexus7は基本そのまま使っても使いやすかったのですが、どーしてもあのGoogle検索のウィジット?が目立ちすぎ何をしても台無しな感じ。それを消せる(またはデザインを変更)ホームアプリ「Nova Launcher」に手を出してみました。

ホームアプリは以前からIS03でも使っていましたが、見た目は良くなってもエラーを起こしたり、何処かちょっと動作が変だったり。またデフォルトの操作性を一変してしまうものもあるので使い勝手に慣れるまで大変。しかし今回の「Nova Launcher」はあくまでAndroid標準の機能を更に便利に追加する。というスタンスがその使いやすさを物語っているのかもしれません。

Nova Launcher


Nova Launcher
TeslaCoil Software
価格:undefined  平均評価:4.7(34,106)

縁の下の力持ちホームアプリですから、微妙にしか画面は変化していませんが、Androidを使っていて「これ出来ないの?」が解決。更に使い勝手が良くなりました。勿論+αですから大幅に機能アップという事ではないので、「スマホのデザインをちょっと弄りたいけど、難しいのは苦手」という方にはお勧めです。

詳しい使い方はこちらのブログ様が一番丁寧に書かれていますので、順を追って設定していくと簡単に使えるようになります。

第1回目 Nova Launcher~ショートカット・ウィジェット・フォルダの使い方~ | Androbiz | Android(アンドロイド)アプリのレビューサイト

上の画像のとおり、主張が激しかったGoogle検索をスケルトン状態にして目立たなくしてみました。設定で表示しない。なども可能です。この部分所か通知領域さえ消すことが出来ますので、やる気になれば画面に何もボタンが無い状態の闇鍋ホーム画面だって作れますよ。


デフォルトではホーム画面を長押ししても無視されましたが、Android2.1の時のようなメニューが表示。ま、最初に使うような項目ですからでなくてもいいんですが、やはり有ると使いやすい。

設定も細かく指定可能。
実は細かすぎて説明するのが面倒なので、今回の記事は手抜きです。ですが、全て日本語なので順をおって上から設定していけば問題ありません。一部無料版では設定出来ないジェスチャーやドロワー画面の表示方法の設定がありますが、使えなくても問題ないレベルだと思います。


無料版でもドロワー部分で壁紙を透かす事は可能。
度合いも指定できますが余り強く指定するとウィジットが見にくくなります。

ちなみに右のウィジット画面ですが、Nova Launcherについて書かれているブログなど拝見すると、殆どでこの部分がAndroid2.1仕様に戻り、サムネイル無しのリスト表示になる。と書かれていますが、Nexus7 Android4.2ではご覧のように問題なくデフォルトと同じ状態でウィジットを見ることが出来ます(もしかして別の部分の話なのかな?)。


ホームアプリの便利なのはアプリアイコンなど変更できる所もそのひとつですが、ウチのブログのファビコンはマルチファビコンと言って3種類の大きさの画像が入っています。なのでiPhoneでブックマークをホーム画面に設置した時と iPadなどで設置した時では画面の大きさに合わせて適切なアイコンが表示される筈なのですが、何故かNexus7だと上のように余白が出来てしまいました。

こんなみっともないアイコン、ホーム画面に起きたく無いですよね。

 

アイコンの編集はアプリも含め、フォルダでも何でも変更出来ます。


こんな感じでブックマークアイコンをスケルトンに出来ました。
ちなにみ設定で重なり合いを許可していますので、時計ウィジットの上に置くのも可能。ただしこの時計ウィジットは単独ではタッチしてもメニューなど出てこないので重ねても問題ないですが、アイコンにアイコンを重ねたり、ウィジットに重ねると操作出来なくなりますからコツは必要です。

要するに規則正しくアイコンを並べるのではなく、自由度が高く隙間を調整出来ると言うことですね。

アイコンは以前作った「LauncherPro」ホームアプリ用がそのまま流用出来ました。

android LauncherPro用ホームアイコンを作ってみた。
android用 ホームアイコンを簡単に作る方法
Android ホームアプリのテーマアイコンを流用

上のサンプルは84×84のpngです。


横画面にした時はこんな感じ。


2画面目。


まだアイコンを作り直していないので、以前のデータを流用したフォルダのページ。

因みに前回記事にしたホーム画面アイコン編集アプリ「Pidget 」ですが、ホームアプリを入れ替えると保存してある情報が使えないようで、新たに作り直さないと使えませんのでご注意下さい。

またこの手のホームアプリをインストールすると、時としてデフォに戻したい。戻さないといけない場面もあったりすると思いますが、そんな時このアプリをインストールしておくと切り替えが楽です。

DefaultApp Reset


ブラウザなどもデフォに設定しまった場合、このアプリから見るとどのアプリに設定されているか一目瞭然。

Android 2.2からはこのアプリで解除出来なくなったようですが、この画面から設定に飛べるようなので、いちいち設定に行って探すよりは楽だと思います。ご覧のように一番下にホームランチャとしNova Launcherが登録されていますね。ここから解除すればホームに戻るのをキッカケにデフォのホームに切り替え易いわけです。



追記:2013/01/02

年末31日に 2.0へのアップデート。

 

「ホーム画面のグリッド数」が7×7から12×12に増え、ドロワー一覧もABC順になったようです。

タブレットの場合、ホーム画面に並べられるアイコンの数が増えるのは有り難いですがウィジットなど場合によって小さくなりすぎる場合があります。

左が12×8にした時に配置したPowerPlayのウィジットオリジナルサイズ。

ここで初めてNova Launcherのアイコンリサイズ機能が役に立ちました(右)。


Ran Google+on Google+ Google

関連記事:[ 4件]

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/1253]

  →  Comment Post

お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。