2012年11月25日

iPhone 関係の話題です

【 1269 】 iPad Castle Story を遊んでみた。

 更新日  12.11.25. 1.01
どゲームはプレイしないのですが、「面白いからやってみて」と勧められて始めた【 Castle Story (キャッスルストーリー)】。基本今までの箱庭ゲームですが面倒くささが半端ない。タッチひとつでポンポン建物が建ってしまう今までの箱庭とはちょっと違います。iPhone/iPad対応。面倒くさい作業が好きな人にはお勧め!。

Castle Story


Castle Story | Storm8


上はやっとレベル14になった私の街です。14になるまで8日かかりました。
多分普通のお仕事をされて帰宅後~なんてゲームペースの方だと1年は遊べるかもしれません^^;。

それだけ面倒です。勿論良い意味で。


上は一例ですが、建物ひとつ建てるにもこれだけのアイテムが必要。コインさえ頑張って集めれば買うことが出来る昔よくあったパターンのゲームとは違いますね。オマケに「Fancy Beam」が6コ必要でも、1コが別のアイテムを集めないと作れない。。。。たった6コと思いきや、この木を作るのに相当時間がかかります。

また、アイテムを組み合わせて作る中には、たまにしか得られない材料もあり、またそれを採取するには一定時間経たないと行動出来ないという制約が絡んできたりと…もう面倒くささ爆発。


レベルが上がると上のようなアイテムが必要になります。
なので最初、畑はイベントで言われるまま食物を植えていましたが、後になって重要になってきます。

パンを作るには小麦が必要。その小麦を畑に植えて収穫してから精製。面倒くささ爆発2。

水は井戸や池から採取出来るので比較的簡単に集まります。
卵も鶏を飼えば在庫には困りませんが、ゲームを進めていくと「卵*個集めて!」と言うイベントが発生し、クリアをすると折角集めた卵全部持って行かれちゃったり。その代わり経験値とかお金をくれます。


じゃ、「鶏も沢山飼えばいい」「畑も沢山作ればいい」。。

なんて考えは甘いのがこのアプリのゲームバランスの良い所。全てにおいて材料の組み合わせで街が発展しますから、限られた行動力の中で色んな事を一度にするのは無理。つまり土地を広げるにも相当な時間と材料が必要なので、その材料を確保するために畑ばかり作っていては困ってしまう訳です。


上はキッカケで発生するイベントですが、クリア後貰える金額が多くなるほど、面倒くささ大爆発。ハッキリ言ってこのアイテムだけに掛かりきりになって作っても、全て揃えるには数日かかります。
勿論それも24時間プレイしっぱなしで!。ちょっとでも時間のタイムロスをすると一週間かかるかも。

因みに一番下は、お隣さんに「***頂戴」とメッセージを送って、お隣さんが了解してくれるとクリア出来る一番簡単なイベントです。このイベント、何度もありますがお隣さんにお願いできるのは1日一回。送信できない場合はエラーで教えてくれます。

また、ありがちなギフトですが、このアプリは1日に3人しか送れないようです。

なので闇雲にお隣さんを集めてもギフトはちっとも集まりません。
(逆に集めておかないと上で説明したイベントでお隣さんが少ないと、とても時間がかかります)

iPadでプレイされる方はiPhoneもお持ちでしょうから、両方に別々のアカウントでゲームを始めて、互いにギフトを贈り合うのが手っ取り早いかもです。


Market。ここから建物や装飾品などを購入し設置できますが、最初の頃はイベントで指示に従い建てていったほうが無難かもしれません。ヘタに自分で好きな建物を建ててしまうと(レベルによって建てられないのもあります)、後になって邪魔になったり。。。とにかく建物自体にも”必要性”が発生しますので、面倒臭いというより頭使ってプレイしないと発展の最終段階を見るのは2年後かも。。。。


現在持っているアイテム一覧。「木」は比較的集まりやすくすぐに「99」のMAXになります。勿論、木を切り倒してしまうと無くなってしまうので植える作業も必要になります。
それでもゲームが進むにしたがって、「沢山貯まってもういいよ」という材料も後で必要になってきたりします。良い例がキノコ。初めのうちは役に立たないので採取もしなくなりますが、後々イベントで必要。そんな感じで”今は必要ないけど”的なアイテムでも、取れる時に溜め込んでおく。これがゲームをスムースに進める勝ち要素かもしれません。

   

上は面倒なアイテム一覧(ゲーム初期)。
一番左は素材の組み合わせで作りますので時間もかかる上、街を広げるのに重要なアイテムを更に作るため必要なので何個あっても足りないくらいです。なのでギフトで送るなら最初はコレ。勿論送って貰えればもっと楽ですね。

「Sap」は木を切り倒すとたまに出てくる素材です。
そう”たま”にしか出ません!。レベル10以降、このSapの在庫を確保しておかないと辛いかもです。

「Glimmerdust」はキノコを採取しているとたまに出てきます。サークルになったキノコからのほうが採取しやすいですが、これもキノコを沢山飢えるスペースも内でしょうから貴重ですね。

「Living Wood」は木を切り倒すと「Sap」より更に低い確率でしかでてきません。

気がつくと案外貯まる素材ですが、後々「40コ集めろ」とかイベントが発生し「お前は鬼か!」と言いたくなるレアアイテム。

これも採取困難。運です。


作業を連続的に行っていると、突然獣が登場し邪魔しに来ます。コイツがいる範囲では採取も作業もできません。結果退治するしか無いわけです。


と言っても最初のイベントで「剣」を作れば、後は運が良ければ2回攻撃で撃退出来ます。

最初の敵は楽勝ですが、敵もレベルアップして強くなってきます。

倒すと運が良ければ「Fur」が手に入ります。
流石に毛皮集めは10コ程度で”40コ集めろ”と言う鬼のようなイベントはまだないです。


レベルが上がる毎に使えるアイテムのロックが外れますが、比較的多用するのが「木」と「岩」だと思います。


木や岩は素材を取ると回数で無くなってしまいます。
無くなったら購入し植えなければ素材が取れなくなります。オマケに単純に植えただけではダメ。育てないと素材を取れるようになりません。流石に岩は育ちませんから配置したら即採取可能。


また上のように作った建物は時間が経つとコインをくれたりします。


素材製造の場合、建物をタッチすると所用時間が表示。キャンセルはできないようです。



有る程度レベルが上がると、街を広げる事になると思いますが、これも条件が沢山。
一番上の「Have 600 Royal Points」にチェックを付けるには、そのポイントの建物が街の中に立っていないと「69%」みたいな表示になります。


で、その場合、ショップから王冠のマークの「+数字」が高い建物を建てると、ポイントが加算されチェックが付き目出度く街を広げられるようになっていきます。この建物は比較的素材がイージーなものを揃えれば建てられますので簡単ですが、場所を食いますから前記のように畑ばかり作るわけにもいかない。という事ですね。


「メインメニュー」


お隣さんが増えると訪問できるようになります。


ここにお隣さんのIDを入れると申請出来ますが、表記名とIDは違うので誰かが訪ねてくれてもIDが分かりません。なので最初はアップルストアのレビューなど見て「お隣さん募集」している方のIDを入れてみましょう。

因みに私のIDは ran_8 です。


メッセージも書き残すことが出来ます。
ストアからお隣さん申請した場合、日本の方なので日本語でOK。


表記名は一度設定すると変更には課金アイテムが必要です。

ゲームを始めて最初に、石像がありますのでまずはそれを解凍してジィさんを復活させます。


次は木の精のお姉ちゃん。
ここで「Sap」を大量に持っていないと、お姉ちゃんが中々復活できません。


意味不明・・・・・。

お隣さんもまだコイツの正体を見極めている方は殆どいないくらい、このエリアまで広げるには時間がかかりそうです。

という訳で説明にもなっていませんでしたが、面倒くささだけは伝わったでしょうか?。

コツコツと面倒な作業をするのが大好き!な方にはもってこいのゲームだと思います(#^.^#)。


Ran Google+on Google+ Google

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/1235]

  →  Comment Post

お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。