2012年10月 8日

パソコン関係の話題です

【 1236 】 firefox をアップデートしたらこんな事になった。

 更新日  12.10.08. 8.05
使い慣れた以前のバージョンでは問題なかった印刷が、どう設定を変えても思い通りのレイアウトにならない。結果、紙とインクの無駄使い。


プリントをする時は殆どPhotoshopか一太郎なので、ブラウザからはたまにしかしませんでしたが、何も考えないとこんなにも紙の無駄をやってくれるとは…。まぁプリンターの設定もあるんですが、Amazonの支払いをセブンイレブンでしようと思い支払い用紙をプリントしたら、要素毎にページ分割され酷い有様です。

と言う訳で、このままでは使い物にならないので、firefoxに印刷用のアドオンをインストール。


Print Edit :: Add-ons for Firefox

印刷プレビューモードのときにWebページコンテンツの編集を許可します。印刷する前に、このWebページを編集するレイアウトをコンパクト化し、そのような広告、サイドバーや空白のページなどの不要なコンテンツを削除することができます。任意の要素は非表示にしたり、削除、フォーマットすることができます。

必要な部分の印刷。ではなくて、不要なコンテンツを削除して印刷?。
なんか面倒だな、と思いながら試してみました。


まずは印刷したいサイトを表示。


ツールバーにある印刷ボタンから「Print Edit」をクリックして編集開始。


普通に印刷プレビューをするとこんな感じ。
ウチのブログを印刷して下さる時はこのままなら嬉しいですが、必要な所だけを切り取ってインクの無駄を防ぎたいですよね。

 

印刷したい場所を Ctr(キー)+クリック で要素(範囲)選択。
Ctr キーを押してマウスクリックすれば離れた場所も選択出来ます。


分かりやすく選択した部分だけ明るくしてみました。
※ちなみにこの選択、サイトによっては上手く選択出来ない場合もあります。


メニューバーにある「他の要素を削除」クリック。


選択した部分だけのページになりました。


再び「印刷プレビュー」でチェック。
なんか見づらいですね…。


「用紙に合わせて縮小」にチェック。
「背景色と背景画像も印刷」にチェック。


フォントも大きくなり丁度いい感じになりました。


ヘッダやフッタに「タイトル」や「URL」、「頁数」も設定可能です。


まだ使いこなしていませんが、デフォの印刷機能をそのまま使うより、こっちのほうが何とか出来そうですね。


エディットは破棄しても元のサイト表示には何も影響しませんから、ガシガシ削除しても安心して何度も試せます。

という訳でアドオン自体は新しいものではないのでお使いの方も多いと思いますが、ネットで検索すると殆どの記事が1年前の英語バージョンの頃のものでしたから、改めて忘れないようにメモとして記事にしてみました。

Qapla'


Ran Google+on Google+ Google

関連記事:[ 2件]

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/1202]

  →  Comment Post

お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。