2012年10月 7日

パソコン関係の話題です

【 1235 】 firefox の警告メッセージを制御。

 更新日  12.10.07.18.30
とで忘れないための覚え書きです。
久々にfirefoxのバージョンを上げたら、「このページの表示に使用するプラグインが古いので更新してください」というプラグインの警告が五月蠅くて仕方ない。
なのでこれを消す処理をしてみました。


これって普通に更新すればいいんでしょうが、更新出来ない場合はウザイですよね。

1:Adobe Flash playerが更新出来ない。(問題があります)

「今すぐ更新」からadobeサイトに飛んで最新バージョンをダウンロード。
しかしダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、何のメッセージもなくファイルが消えてしまう。 何度か繰り返していると「このアプリケーションは単一インスタンスのみ実行できます。」と表示される。

「コントロールパネル」「プログラムの追加と削除」から古いFlashplayerをアンインストール。
しかし以前同様のメッセージ表示される。再起動が必要か?。

そのまま再起動せず「FC2動画」ページにアクセス。

「プレーヤーがないので動画が再生出来ない」と言われ、そのページからインストールを実行。

firefoxの更新ボタンによるインストール画面とは違ったアップデート画面が表示され、無事Flashplayerの最新バージョンがインストールされた。

2:adobe Acrobat Readeが更新できない。(問題があります)

firefoxが表示する更新では(1)と同様にダウンロードしたインストーラーが消えてしまってアップデート出来ない。

HDDにあるPDFをAcrobat Readeで表示。
ヘルプから「更新を確認」。
そのまま最新版をアップデートを実行。

アップデートできたがバージョンは「9」のままで「X」にはならなかった。
どうやら「X」にするには古いバージョンをアンインストールしないといけないらしい。「9」のヘルプから「最新版」をチェックしても{X」は表示されない。

firefoxの警告は「問題があります」から「最新版を入手」になったので深追いせずスルー。

3;QuickTimeが更新出来ない。(問題があります)

firefoxのボタンを押すとアップルサイトに飛ぶが、何となく嫌な予感がするのでスルー。

試しにQuickTimeを起動し「最新版チェック」をするが「ネットワークとの接続が確立していない」と警告されアップデートが出来ない。

ネットで調べるとQuickTimeのアンインストールはiTunesを含んだ相当数の削除が必要で、さらに順番通りにしないとトラブルの元らしい。たかがQuickTimeのためにリスクを冒すことは出来ないのでスルーしてアップデートを諦める。

実質、アップデートしなくても観覧には私の環境では問題なし。



と言う訳で、全てをアップデートする事が出来なかったのでこれを消す処理を試してみた。

・firefoxのアドレスバーに「about:config」を入力。
・「警告」を了解。
・「plugins.hide_infobar_for_outdated_plugin」を検索。
・「値=false」を右クリックして「true」に切り替え。
とりあえず、これで様子を見てみる。

因みに…。

プラグイン追加を促されるメッセージが五月蠅い場合、
plugins.hide_infobar_for_missing_plugin」の「値」を「true」。

plugin.scan.plid.all」はプラグインチェックらしい。


しかし、動作チェックしたくてもどのサイトで警告が出ていたのか忘れてしまった…。暫く色々見て、これでダメだったら追記します。


Ran Google+on Google+ Google

関連記事:[ 2件]

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/1201]

  →  Comment Post

お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。