2012年8月 8日

iPhone 関係の話題です

【 1215 】 ArtStudio for iPad が凄すぎる。

 更新日  12.08.08. 0.01
iPadで遂にPhotoshop同等(限りなく)の作業が出来るアプリ、『ArtStudio for iPad』登場。「これ凄ェ!」って言っている人が少ないので、久々にエントリーしてみます。


巷では「お絵かきアプリ」としての認知されているようですが、絵を描かない人でも写真を自在に加工したいなら、これっきゃない機能満載です。フィルター天こ盛りの加工アプリより、やる気になればPCのPhotoshopなみの処理が可能だと思います。(ただしPhotoshopと言ってもバージョン5~7程度です)

以前からこのアプリはiPhone版などでも有りましたが、せっかくあるレイヤーも写真をインポート出来なかったり、機能的にもお遊び程度だったので削除してしまいました。それが最近、基本から作り直されたiPad版を試しに使ってみたら、その機能にビックリ。


インストールしたばかり、何も分からず人差し指だけで描いてみました。
10分程度で指一本でここまで描けるなら、本気出せば凄いの描けそう!?という事で色々弄ってみた内容が以下の通りです。


まずレイヤー機能。レイヤーとは一枚の絵の上にトレーシングペーパーを重ねていく感じを思い描いていただければ分かりやすいかもしれません。そしてこのレイヤーにカメラロールから写真を読み込めるのがArtStudioの真骨頂。


つまり、上の様な感じでペン画だけを読み込ませて、ペイントは追加したレイヤー上で処理する事も簡単な訳ですね。という事は元の絵が描けない人でも、カメラで下絵を撮影してそれを読み込めば、塗り絵も簡単に出来てしまう訳です。勿論、レイヤーを何枚も分けておけば失敗した時に消したり、後からその部分だけを他に影響を与えず修正する事が簡単になります。上のイラストはデビュー前に描いたペン画原稿をiPhoneのカメラで撮影してiPadに転送。それに色を付けただけですが(まだ完成してません)、相当複雑な事が可能です。

また、「お絵かき」の他にも写真のレタッチや合成なども超簡単。

 

上の2枚の絵。左側はiPadの壁紙に使っていたものですが、それに右側の絵を合成してみます。


こんな感じに透明度や、任意部分のぼかしも簡単。
画像を合成するアプリは他にもありますが、合成に関しては多分ArtStudioの機能はピカイチだと思います。なんたって天下のPhotoshopと同じようなものですから。

そして合成などの処理に威力を発揮するのが、選択範囲の機能。


例えば上のように元絵に空を描いてしまうと、殆どのお絵かきアプリは、塗ってはいけない部分を拡大したり”塗らないように”注意して描かなければならず、作業自体に時間がかかりますが、ArtStudioの場合はレイヤーに分けて塗った後、はみ出した部分を選択。あとはカットすればいいだけ~。カットしてもレイヤーを別にしておくことで他の部分には影響を受けません。


選択機能も殆どPhotoshopと同じ!。投げ縄や多角形選択もOK。オマケに右側からは「選択部分を追加」や「選択部分を削除」「合わさった部分を残す」などPCと同じ処理が選べます。流石に指だけだと選択する時のコツが必要ですが…

また左メニューにある反転しているアイコンの隣のスポイトアイコン。これは「自動選択」ツールで同色部分をタッチしていくだけで自動で範囲を選択してくれる超便利機能。4つ上の女のコの背景には「白」が塗られていますが、普通のアプリでこれを合成すると「白」も合成に影響し、その部分が四角に表示されますよね。そんな時単色なら尚更ワンタッチで白部分を自動選択させ、一気にカットする事が可能な訳です。
(因みにPCのような類似色選択はオプションにありません)


レイヤー機能も強力です。

「レイヤーの描写モード」を変更すれば、黄色いメロンが赤いスイカに。
ま、これは単純な例ですがレイヤーの統合もレイヤーマスクもロックも出来ちゃいます。


PCに比べると少ないと思いますが、レイヤーの組み合わせで既存のアプリでは出来ない合成が可能です。


肝心なペンツールも種類は少ないですが、プリセットもありますのでデフォルトだけでも使いこなせないほどの描写パターンが作れると思います。


上は「テキスト」を入力した処。
テキスト入力専用アプリには劣りますが、簡単な文字を入れるだけなら十分ですね。


前景色と背景色を変更すると陰だけは作れるようです。


背景色を「赤」に変更したので文字の陰が赤になりましたね。
PCのPhotoshopももっと色々出来るのですが、ArtStudioはこれくらい。でもテキストのラスタライズが出来ますので、センス次第でどの様にも加工出来ると思います。まぁその苦労をするなら文字だけは他の専用アプリでやったほうが楽かな。


■基本敵な使い方。

私もまだ全て把握してませんので、特に必要な機能だけチョイスしてみました。



■File
1:New 新規
2:Open 開く
3:Save 既に保存してある場合
4:Save as... 名前を付けて保存
5:Import 画像読み込み
6:Export カメラロールセーブ
7:Information 画像サイズや残りレイヤー数。

ArtStudioは基本、アプリ内にデータはセーブされます。
なので最初に描いた時は「4:Save as..」で名前を付けて保存してから「3:Save」で上書き保存が出来るようになります。完成データは6のExportでカメラロールに保存されますが、アプリ内に保存した場合はレイヤーはそのまま残りますので後からでも修正可能です。

7:はキャンバスサイズなどが確認出来ますが、同時にiPadのメモリー範囲で何枚のレイヤーが使えるか?を教えてくれます。アプリが頻繁に落ちたり(ウチは落ちたこと無いです)する場合、ここのレイヤー数がいくつか確認するのも大事ですね。無制限にレイヤーが作れると言ってもiPadのメモリーに依存していますので、有る程度パーツの処理が終わったらレイヤーを統合してひとつのレイヤーとして保存するのもコツです。

■Edit

基本コピーやカットなど有りますが 「Transform layer...」は重要です。
「Move」で移動。「Scale.Rotata」で拡大縮小などレイヤーに対して変形処理が行えます。
実行したい場合、処理した後「Apply」で反映されます。

■Image
1:crop to selection 選択範囲でキャンバス切り取り
2:Flip.
  Horizontal 上下反転
 Vertical 左右反転
3:Rotate 回転

1:は領域選択した範囲外を一気に切り取ります。つまり「余白部分がいらないよね」みたいな画像の場合の「切り取り」ですね。

2:はキャンバスの回転です。レイヤー一枚だけを回転させたい場合は、別のメニューになります。

■Adjust
色補正
1:curves トーンカーブ

2:Auto オートコントラスト
オートカラー

このメニューには他にも沢山あるのですが、サンプルを説明するのがブログ記事ひとつ分の量になりそうなので、簡単な説明です。取りあえずトーンカーブだけ覚えていれば、写真の色調整が出来ますね。自然なトーンカーブを作るには極端なポイントを作るよりS字になるように調整するのがコツです。

■Select
lnverse. 選択範囲反転
Border 二重線
Contract 縮小
Expand 拡大
Round Corners 選択範囲滑らかに
Feather 選択範囲ぼかし

選択範囲に対する処理をこのメニューから選べます。
選択した範囲の周りをぼかして切り取りたい。などの場合、Featherを選んで数値を入れると周囲を滑らかにぼかすことが可能です。デフォルトは小さい数字になっていますが、ここの数字はキャンバスサイズに比例しますので、フルサイズなどの場合大きな数字を指定しないと効果はありません。逆に小さい画像の場合、数値が大きすぎると全てがぼけて残す部分まで影響しますので慣れです。

■Layer
レイヤー作成
Flip はレイヤー単位の回転

レイヤーパレットで選択されているレイヤーに対しての処理です。
一枚のレイヤーを回転させたりする場合は、ここのメニューから指定します。


全ての機能は多すぎて紹介できませんでしたが、一応、上の事を頭に入れて弄ってみると、このアプリの素晴らしさが実感できると思います。勿論PCのPhotoshopには有って、こちらにない機能は沢山ありますが、これからの進化がとても楽しみなアプリです。これをただの「お絵かきアプリ」と呼んだら勿体なさ過ぎる。画像を弄る上で必須な立派な道具だと思いますよ。

ArtStudio app


Ran Google+on Google+ Google

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/1181]

  この記事に頂いたコメント Comment [2]

  •   コメント  [No:004935]   Ugouro  さん BlogMaster 2013年2月 8日 21:55 | 【 返信 】

    ArtStudioの記事、参考になりました。
    アプリを落としてみて、各機能がよくわからなかったので助かりました。

    •   コメント  [No:004940] Author Profile Page  Ran  さん BlogMaster 2013年2月 8日 22:38 | 【 返信 】

        返信コメント  【 Comment No.4935  Ugouro 】さんのコメントへの返信 

      Ugouro さん、コメント有難うございます(^^)。

      この記事を書いてからいくつかバージョンアップしていますので、完全に同じでない部分もあると思いますが、お役に立てれば幸いです。

  •   →  Comment Post

    お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。