2010年8月17日

iPhone 関係の話題です

【 941 】 Exif情報の確認も出来る Koredoko アプリ

 更新日  10.08.17. 8.05
前からプライバシー保護やサイズ確認のために便利だ!と言っていたアプリ、「Geotag Editor」がiPhoneのバカOS iOS4のために使えなくなってしまいました。ほんとアプリを使えなくしたり、動作不安定にしたりロクなもんじゃないです。

で、iPadでは「Geotag Editor」が使えますので問題はなかったのですが、やはりiPhoneで撮影した写真に「ジオタグが付いているか?」とか、「サイズは?」とか手軽に確認したい私にとって、ちょっと美味しいアプリを発見。なんとiPhone上で詳細な Exif情報まで見られてしまう。これはちょっと便利です。


最初にお断りしておきますが、このアプリ、メッチャ落ちます。
広告非表示はアドオン350円の購入が必要ですが、気にならなければ全機能が使えます。。

アプリ名 価格
Koredoko - Where the photo 無料


起動時「位置情報を通知する?」を「NO」にするとアプリが起動しません。間違って「NO」にしてしまった場合は「設定/位置情報サービス」から変更して下さい。



上の写真にはピンがありませんが、本来はジオタグ付きの写真を読み込むとGoogleマップ上にピンがちゃんと表示されます。三角矢印でアルバム内の写真を次々観覧出来ますので、チェックだけでも楽です。


位置情報のコピーや、ジオタグの削除。
位置情報を弄る時には、ピンにある「>」をタッチするとメニューが表示されます。
いちをこれで付けるつもりが無かった写真にジオタグが付いてしまっても、削除や逆に修正が出来ますね。

Koredokoの使い方


そして便利なのがコレ。


単純な画像サイズだけではなく、Exif情報も表示。
勿論、パソコンで写真を扱われる方はそんなに必要性はないと思いますが、iPhoneだけで撮影。編集を完結してアップロードする場合、有るに越したことはないデータです。
PCの場合はこちらをご覧下さい 【ジオタグ情報からGoogleマップを表示するツール

上はiPhoneのカメラアプリで撮影したジオタグ付きの写真の情報。


そして上は、ジオタグなしの、アプリなどで編集した写真情報。

本来ならこの情報をメールなどで送れれば良いのですが…。

不安定は覚悟ですが、ジオタグが付いたままうっかりネットにアップロード。のほうが問題ですから、インストールしておいても役に立つアプリだと思います。

しかしホント iOs4は迷惑以外の何者でもない。


Ran Google+on Google+ Google

関連記事:[ 2件]

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/914]

  この記事に頂いたコメント Comment [2]

  •   コメント  [No:001340] Author Profile Page  コルトでGO  さん BlogMaster 2010年8月17日 11:17 | 【 返信 】

    このアプリ便利ですよね!
    iOS4対応になってから有料になりましたが、無料版の頃からお世話になっていました(^^

    ちなみに、iOS4対応バージョンがリリースされた直後はiADの実装で問題があり(元凶はApple側)、有料オプションを有効にしても、課金されないといったうれしい(?)不具合がありました。。

    そういえば、このアプリ...というか、この手のアプリは全て共通項なのかもしれませんが、標準カメラアプリで撮影した写真のみジオタグが確認できる仕様ですよね。。
    この辺りの仕様がクリアされるとより安心できるのですが...

    •   コメント  [No:001341] Author Profile Page  Ran  さん BlogMaster 2010年8月17日 11:50 | 【 返信 】

        返信コメント  【 Comment No.1340  コルトでGO 】さんのコメントへの返信 

      確かに仰るとおり、確認してみましたが純正カメラアプリでしか表示されない…というより設定で位置情報をONにして、他のカメラアプリで撮影したデータをPCで見てみたらジオタグが入っていませんでした。

      カメラアプリは浮気せず使うものが決まってますので気がつかなかったのですが、逆にタグを付けたいときに「設定」の位置情報のON/OFFは純正以外まるで機能していない。って事にもなりますよね。

      なんだかアップルは、アプリ作者がアイディア出して便利にしても、自分らが考える使い方でしか認めないようで、一番綺麗に写真が撮れる Camera+も削除されてしまったとか。

      うーん、やっぱりこのアプリ。
      ジオタグよりプロパティを見るためだけになってしまいそう。

      本来ならファイル名やサイズ、日時などOSが表示すべきものなりに、ホント”痒いところに手が届かない”ですね。iPhoneでこういうことされると、益々Macは使えないんだろうな。と知らない人に逆効果名イメージを植え付けるだけの気がします。

      まぁ、Windowsで出来る作業を携帯に求めるのは無理がありますけど、せめて「そのくらいは出来るようにしとけよ」的な部分多すぎ。

  •   →  Comment Post

    お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

    ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。