2010年3月 4日

パソコン関係の話題です

【 750 】 激便利な NAVER Nドライブエクスプローラー

 更新日  10.03.04.19.25
NAVERさんでお馴染みのストレージサービス(無料)が、PCから簡単アクセスできるツールが公開されました。 超便利。早速インストールさせて頂きましたので使用感想と特定環境で使用する場合の注意をエントリーしておきます。


Nドライブエクスプローラー

オンラインストレージサービスは色々ありますが、殆どがそれをブラウザではなくPCから利用すると「ネットワークフォルダ」になってしまいます。

これ、設定すると環境によってパソコンの起動時に時間かかるし遅いし嫌いなんですよね。
なので今までそういった使い方はしていなかったのですが、今回登場した NAVERさんのNドライブエクスプローラー。リムーバブル記憶ディスクとして認識されます。ココ、激便利なトコ。


ネットワークドライブではなく普通にHDDとしてアクセス出来ちゃうわけですね。




当然ネットワークではないので「卓駆★」のドライブアイコンも表示されちゃいます!。
(ちなみにNドライブを既に使用していた場合、何ドライブになるんでしょ?(^_^;)

使い方は簡単。インストールしてログインするだけでHDD感覚で使えますので、ノートパソコンなど外付けHDDを付けなくても他パソコンとデータの共有などが出来、激便利になりました。

※既にNドライブが使用されていめケースで、Nドライブエクスプローラーを起動すると次のような画面になります。


この場合は、表示されたドライブ名で問題なければ「OK」をクリック。
「Nドライブエクスプローラー」が「Iドライブ」で起動します。

さて、ここからは特定環境での注意事項です。

ジャストシステム「カスペルスキー」をインストールしてセキュリティ監視していると、Nドライブはインストール出来ません。

追記:2010/03/05

以下内容は昨日の段階でのインストール方法で、本日NAVERさんから連絡があり、Kasperskyがこの挙動に対応され現在はダウンロード時にウィルス表示の警告は表示されません。もし表示される場合はKasperskyの定義ファイルを更新して下さい。

流石カスペルスキー、定義ファイルの更新も速いのは有名ですが、すぐに対応してくれる所も信頼性が高い理由ですね

という訳で以下の内容は不必要になりましたが、記録としてこのまま掲載しておきます。
タイトル「便利な NAVER Nドライブエクスプローラーをカスペルスキー環境で使う方法」も変更しました。



ダウンロード時点で警告がプラウザに表示されます。
(こんな凄い警告ってカスペルスキー使い始めて初めて!)

でもご安心。別にウィルスではありません。
Nドライブの性質上、神経質なカスペルスキーが「トロイの木馬」として検知してしまっているようです。

この件は既にジャストシステムに報告し、サポートの方に実際確認して頂きました。
近いうちカスペルスキー本社にも連絡され、このような挙動にならないよう対処してくれるかも?という解答です。しかしホント、ジャストシステムのサポートって対応が親切。セキュリティソフトは性能云々以前に、こういった何かあった時、すぐにサポートしてくれる事が大切だ!と常々書いていますが、それが実証されました。

ではカスペルスキーをインストールされている方で、Nドライブエクスプローラーを使う手順です。


タスクバーのカスペルスキーを右クリックして、「プロテクションを一時停止」します。


「手動で再開」をクリック。


これで一時、カスペルスキーが無効になりました。

確認したら、NAVERさんにアクセスしてNドライブエクスプローラー( NDriveInst.exe)をダウンロードします。




インストールが終わると自動起動します。


ログインしても良いですが、一旦終了します。


再びタスクに戻って カスペルスキーアイコンを右クリックし「プロテクション再開」をクリック。


次にまた右クリックして「設定」をクリック。


「設定」画面から「オプション/脅威と除外」をクリック。


「除外」>「設定」をクリック。


「追加」をクリック。

「オブジェクト名マスクの編集」をクリック。


「参照」をクリック。


インストールされた Ndrive のフォルダを指定します。




「OK」をクリックして終了です。

これでカスペルスキーのチェックは入らなくなりましたので、Nドライブエクスプローラーを起動し利用を始めます。この方法はジャストシステムさんも確認された対処法ですが、チェックをしていないという事はNドライブにアクセスした時にはセキュリティが甘くなる可能性があります。なのでNドライブ経由では怪しいファイルを扱わない事が良いかもしれません。ま、Nドライブはプライベートエリアなので脅威はありませんが、あくまで自己責任という事で。

また、他のセキュリティソフトをインストールしている場合、Nドライブエクスプローラー起動後のIDとパスワードが認識されない事も確認しています。

その場合はセキュリティを切ってログインして下さい。一度ログインしてしまえば、セキュリティをONにしても認識されます。

なんかとっても便利になってしまったんですが…。

メインのパソコンでNドライブのデータを削除するとエラーが出てしまいます。


ネット上のデータは削除されるんですが、プログラムエラー。

他のパソコンで試した時はエラーが出ないのですが、何故かメインの一番素に近いパソだけエラーがでます。違いはカスペルスキーがインストールされている事と、XPがService Pack3だと言う事。NドライブエクスプローラーサポートOSを見るとService Pack2までなんですが、それが関係しているんでしょうか?。

ま、PCから削除しなきゃアップロードは問題ないのでよいのですが、ウチだけだったらちょっとショック。

でもとても便利になりますので、お勧めです。


追記:2010/03/18

Nドライブがアップデートされました。

お知らせ - NAVER Nドライブ

起動後自動でアップデートされるとの事ですが何もリアクションが有りません。なので一旦アンインストールして再インストール。バージョンも幾つになるのが正しいのか見た限りWEBに記載がないのはなんとかして欲しいものです。記憶違いかもしれませんが、再インストール後のバージョンと日付にも変化が無いような…

ただ、以前不具合のあったアップロードされたデータをエクスプローラー以外のクライアントから削除しても、エラーメッセージが表示されNドライブが落ちる事は無くなりました。

しかし、これは以前からあったのですが、卓駆★などエクスプローラー以外のファイルクライアントからNドライブアイコンにデータをドロップすると、そのソフト内ではデータがNドライブを見る限りアップロードされているのですが、WEBで見ると容量0でアップロードされた気配がありません。当然データも確認は出来ない。

いちをエクスプローラーに表示されるNドライブにドロップすると、その不具合は起こりません。

折角、卓駆★などからNドライブをドライブとして扱えるだけに残念。
ま、アップロードが出来ないだけで、観覧やダウンロードなどは出来ますので、Nドライブと同期は取れているはずなのですが。

という訳で、アップデート後の追記でした。

※カスペルスキーのセキュリティをONにしたまま、インストール出来るようになった事は以前にも報告しましたが、相変わらず初期のログインでセキュリティが起動していると、正しいパスとIDを入れてもNドライブが認識しません。これはカスペルスキー以外の他のセキュリティソフトでも同じだと思います。少なくとも別のセキュリティソフトでも確認出来ました。一旦セキュリティをOFFにして、ログインした後はセキュリティをONのままでもログイン出来るようになります。

Ran Google+on Google+ Google

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/733]

  →  Comment Post

お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。