2009年12月31日

iPhone 関係の話題です

【 683 】 曲が無かったら無理クリ作ってやるクリンゴン的発想

 更新日  09.12.31. 7.18

人によって好きな曲は様々だと思いますが、それが市販されていれば購入し、いつも聞く事が出来たりします。でも…市販されておらず映像だけに残っている場合。その映像から音声だけを抜き出して着信音を作ってしまおう!というお話し。



草食系男子には理解できないでしょうが、私の一番好きな曲。
Klingon War Song」を聞くとテンション上がりまくりです。

しかしこの曲。スター・トレックのDS9シリーズの中の 『 我らクリンゴン 』で歌われているだけで、サントラなどが手に入りません。なのでこの動画から無理クリ着信音を作ります。先ずはダウンロードして .flv を保存するトコから始まります。

次に摘出に必要なソフトはこちら。

HugFlash

ローカルPC内のFlashファイルに含まれる画像・音声・動画を抽出できるツール。操作は簡単で、本ソフトを起動し、ファイル読み込みボタンを押してFlashファイルを指定するだけで、画像・音声・動画が自動的に抽出される。抽出可能なファイル形式は、PCM/ADPCMフォーマットのWAVEファイル、MP3ファイル、BMP/JPEG画像で、Sorenson Video形式の動画はAVIに変換したうえで抽出できる。

インストール不要ですのでダウンロードしたLZHを解凍したのち、hugflash.exeをクリックするだけで使用できます。


ヘルプは[F1]です。使用する前に目を通しましょう。


と言っても、基本何も弄るところはないと思います。


起動するとこんなウィンドが表示されます。今回は音声だけ摘出したいので「SOUND」だけにチェックを入れた状態です。


ダウンロードしておいた動画 .flv ファイルをウィンドにドロップすると変換が始まります。


音声だけならあっと言う間に終了。


hugflash.exe を解凍したフォルダを見てみると、いま摘出した動画ファイル名でフォルダが作られ、その中にビデオや音声などのフォルダがさらに作られます。(オプションで保存場所の変更可能)


音声だけなので「SOUND」フォルダのみ有ります。


摘出終了!。見慣れたアイコンが表示されてますね。後はダブルクリックすると iTunesが起動しリストに追加されます。


なんて簡単なんでしょ(^^ゞ。

さて、ここからはiPhone用の着信音をつくる作業。
以前にも「iPhone 頭きたので着信音をつくってやった の巻」で説明していますので合わせて参考にして下さい。

着信音にしたい曲を右クリックでプロパティ表示。


使いたい部分から「開始時間」を設定し、そこから40秒後を「停止時間」に設定します。



(コレ、間違ってますね。ホントは 0:45 です)

再びプロパティを表示し「AACバージョンを作成」をクリック。


切り出した曲がコピーされました。(だから 0:35は間違いだって)


プロパティを見ると保存場所が分かります。


殆どの場合、iTunesのデータは「マイドキュメント」の「MY music」に保存されています。


.m4r に拡張子を変更し、ダブルクリックで再生します。


はい、iTunesの着信音にリストされました。
あとはiPhoneに転送するだけ。


オマケにイメージもつけてあげました(^^ゞ。

これで今日から私のiPhoneの着信音は、クリンゴンソング~。

Qapla'

Ran Google+on Google+ Google

関連記事:[ 6件]

Tag 関連記事

  この記事のトラックバックURL Trackbacks-URL

この記事のトラックバック URL です  [ボタンクリックでクリップボードへコピーします]
 [http://ran.private.coocan.jp/mt/ran-tb.cgi/667]

  →  Comment Post

お名前は必須です。URLを記入いただくとファビコンを表示します

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。