201005 08

『 SD カードを HDD として認識させてみた 』の巻本編

 


ASUS EeePC 701SD 『 SD カードを HDD として認識させてみた 』の巻本編
この記事は「EeePC701SD 」に付けた SDカードをHDDとして認識させる為の手順です。
メリットはHDD化することでCドライブの容量を少しでも軽減させるため、HDD化したSDカードをソフトのインストール先にしてしまおう。というモノ。当然、ドライバ等の書き換えを行いますので、不都合は未知数。どうしても、Cドライブだけでは足りない人がチャレンジしてみて下さい。

ちなみに、もしもの時のために、Windowsのバックアップは忘れずにやっておいた方が、何をするにも安全。
『「ASUS EeePC 701SD バックアップが出来たよ」の巻』


□必要なドライバーをダウンロードする
まず最初に、ドライバーをダウンロードします。

Hitachi Microdrive - www.xpefiles.com

ページが表示されたら『 Accept 』をクリック。
ちなみにこのHP、かなり動きが遅く、またブラウザのSleipnirでアクセスすると、中々目的のページが出なかったりしたので、直接ダウンロードページにリンクしています。また、セキュリティソフトがONだとダウンロード出来ないなど、ちょっと癖がありますので、アクセスする場合IEを使った方が無難かもしれません。

ダウンロードしたファイルは「 xpfildrvr1224_320.zip 」という名前になっている筈です。

これを解凍しますが、後々分かりやすいように、専用フォルダを作ってそこに解凍する事をお勧めします。

xpfildrvr1224_320.zip内容

□ cfadisk.inf を編集
次に解凍したファイルの中の、cfadisk.infをエディタ、またはメモ帳などで開きます。



このまま次の作業に進みます。
□ 書き換える内容をコピーしてくる


「マイコンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を表示。
「ステムのプロパティ」から「ハードウェア」をクリック。
「デバイスマネージャー」をクリック。
・表示された項目から「デスクドライブ」をクリックして開き(”+”から”-”にする)、SDドライブのドライバーをダブルクリックする。
 画面では隠れてしまっていますが、私の元では「Single Flash Reader USB Device」と言う名前が、SDカードのドライバでした。

「プロパティ」から「詳細」を選んで、「ハードウェアID」を表示。(上の画像がこの段階の画面になります)
・一番上の項目を選択して、キーボードの Ctrl+C のキーを押し、内容をクリップボードへコピーする。
□ cfadisk.inf の書き換え
先ほど開いておいた cfadisk.inf にコピーした内容をもとに追記したものを書き込みます。

コピー内容(例):USBSTOR\DiskSingle__Flash_Reader____1.00

この内容の頭に以下の内容を付け足します。

%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,

合わせると、↓こんな感じ。

%Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,USBSTOR\DiskSingle__Flash_Reader____1.00

この一行を [cfadisk_device] の下に貼り付けます。



書き換えが終わったら保存して閉じます。
□ ドライバーを変更する
先ほどコピーしたドライバのプロパティを「 ドライバ」に切り替えます。


「ドライバの更新」をクリック。



「いいえ、今回は接続しません」をチェックし「次へ」



「一覧または特定の場所からインストールする」にチェックし「次へ」。



「検索しないで、インストールするドライバを選択する」にチェックし「次へ」



「ディスク使用」をクリック。



「参照」から、ダウンロードして解凍した、「xpfildrvr1224_320.zip」のフォルダを開き、「cfadisk.inf」を選択して「開く」。



「Hitachi Microdrive」が表示されているのを確認出来たら、「次へ」



「続行」

これでコピーが始まり「ハードウェアの更新ウィザードの完了」が表示すればOKです。
(その画面をキャプチャするの、忘れました)

全てのウィンドを閉じて、「再起動」。
□ドライブレターを変更する
問題なく起動できたら、「マイコンピューター」を開きます。



SDガードがHDDとして認識され、「ローカルディスク」が増えていれば成功です。

あとは、ドライブレター。ドライブ文字を好きなモノに変更します。



「コンピューターの管理」からドライブを選んで右クリック。
「ドライブ文字とパスの変更」から「D」などに変更します。
多分デフォルトでは「D」になっていると思いますが、SDカードだと分かりやすいように私は「S」ドライブに変更しました。



これでSDカードがハードディスクとして利用できるようになりました。

プログラムなどインストールする場合、「カスタム」を選択して、インストール先のドライブ名を「C:\」から「D:\」に書き換えるだけで、SDカードにインストールされディスク容量が節約出来ます。
□注意
・この設定をした後のSDカードは、パソコンの電源が入っている間は抜き差しNGです。
・作業は自己責任でお願いいたします。